BLOG

札幌市東区で肘の痛みと検査

2019/02/15
エコー検査肘

札幌市東区で肘の痛みと検査
こんにちは、雪まつりも終わり春が近づいた、少し暖かく快適な2月の真ん中です。

 

小学生の軟式野球 投手の球数 1日70球に制限へ

全日本軟式野球連盟は、今年の全国大会からピッチャーの1日の投球数を70球までに制限することを決めました。小学生が投げすぎによって肩やひじを痛めない為、トップ選手になってからも故障しない為、少年期からの管理が必要となりました。

すでにアメリカでは18歳以下のアマチュア選手を対象に始まってます。投球制限や投球数による休息日数、年間イニング数や数か月の休暇等が年齢ごとに決められています。日本ではこれからですが子ども達が怪我しない為、将来の夢の為のガイドラインが出来るといいですね。

 


もし痛めてしまったら、違和感を感じたら、骨の状態をリアルタイムで確認出来るエコー検査をお勧めします。痛みが出る前でも骨の損傷がある場合もあり、将来的にも有効な検査となっています。

勿論大人の肘の痛みも検査可能です。肘の骨に異常がないが肘が痛い場合は、周囲の筋肉や肩、肩甲骨周辺を疑っていきます。肩甲骨の動きを改善する、上腕三頭筋の動きを取り戻す、すると無くなるといったような肘の痛みや違和感もあります。根本的な原因を追究し、より快適な毎日を目指していきましょう。

希望公園前整骨院の施術について

も参考にしてください。

札幌市東区にある希望公園前整骨院では懇切丁寧な検査を行います。怪我の状態によっては超音波検査装置エコー検査をすることにより痛みを可視化します。痛みの原因部位、負担が繰り返される部位、にアプローチし解剖学的に正しい姿位に戻す手技を選択しています。全て安心安全で理由や説明の出来る手技で、症状を徹底的に解決します。

その痛みに、一緒に向き合っても良いですか?